• 講師紹介

    講師のグレッグ・ローレンスは自身が優秀なプラクティショナーであるだけでなく、

    数多くのセミナーやワークショップの講師として「教える」こと、

    また自ら「学び続ける」ことに常に情熱を絶やさないセラピストです

    一人ひとりのペースや考え方の違いを理解し尊重する姿勢は、

    多くのクライエントやセミナー受講者から支持を受けています。

     

    あなたもグレッグの前向きなパッションに触れて、ワンランク上の介護を目指しませんか?

    GREG LAWRENCE 

    グレッグ・ローレンス

    オーストラリア NSW州ポートスティーブンスエリアに拠点を置く、癒しのサロンクリニック “Natural Healing Touch” のオーナー、プラクティショナー。

    ボーエンセラピー、エメットテクニック、リメディアルセラピー、リメディアルマッサージ、トリガーポイント&筋膜リリース、ライフコーチ等の国家認定資格保持

    レイキ&シーキーム(Seichim) はティーチャー/マスターレベル

     グレッグのトレーナーとしてのキャリアは1997年から始まりました。当時マスターレベルであったレイキとシーキームをはじめ、その後もチャクラ、フラワーレメディ、クリエイティブビジュアライゼーション(創造視覚化)、リレーションシップなどの各種ワークショップやセミナーで講師として活躍してきました。

     またグレッグは、女性特有の問題に取り組んだオーストラリアの男性セラピストの魁でもあります。特にホルモンバランスに関わるトピックに通じ、女性向けのセミナーに声が掛かることも少なくありません。

     レイキの師匠であるマーガレット・ドライデンとの共同ワークでは、200種類ものフラワーレメディを製作しています。フラワーレメディはメンタルバランス、感情、体と精神のアンバランスを癒す効果が高く、ブッシュフラワーなど独特の草花が生息するオーストラリアでは注目度の高いセラピーのひとつです。

    資格取得暦

    1995年 レイキ、シーキーム&チ・ゴン Level 1

    1996年 レイキ、シーキーム Level 2

    1997年 レイキ、シーキーム マスター/ティーチャーレベル

    1998年 リメディアルマッサージ ディプロマ 

    2000年 トリガーポイントセラピー& 筋膜リリース サーティフィケートⅣ

    2001年 リメディアルセラピー ディプロマ 

    2003年 ボーエンセラピー ディプロマ 

    2004年 エメットテクニック オールレベル 

    2005年 ボーエンセラピー アドバンス 

    2007年 エメットテクニック マインド・マッスル・インテギュレーション(意識と筋肉の統合)

    2008年 ボーエン式ホルモン・リリース

    2011年 ヒューマン・ニーズ・サイコロジー (ストラテジック・インターベンション)

        ライフコーチング

     

     

     

    私とボーエンセラピーとの出会い

     私が最初にボーエセラピーを体験したのはソマティック・インテリジェンスのワークショップに参加した時のことです。週末のコースも終わりに近づいた頃で、その日は筋膜リリースとトリガーポイントセラピーのセッションが予定されていました。

     

     朝目覚めたときから坐骨神経痛のような痛みがあり、左の靴を履くことが困難な状況でした。それでもとにかく無理を押してコースに出かけました。今思えば、そのとき行くと決めて本当によかったと思います。

     

     コースでたまたま隣り合わせた男性がボーエンセラピーを学んでいると言ったのですが、ボーエンについて名前以外は何も知らなかった私はそのとき特に気にもかけていませんでした。

     

     そして午前中、時間が経つにつれて私の痛みはピークに達し、座るのも立っているのもつらい状況になってしまいました。お昼休みになってそんな私を見かねた隣の席の男性は、もしよかったら僕が習ったボーエンセラピーの施術を試させてくれないかと言いました。

     

     私はすぐさま「頼むよ」と答えました。なにしろどうしたってそれ以上は悪くならないだろうという状態でしたから。

     

     彼は4種類のシンプルな施術 (後で思い返せばそれはセクラムプロシージャー/仙骨への処置と言われるものでした) を私に試したのです。時間にしてほんの20秒ほどです。その直後、痛みは40%ほど軽減し、最後までコースを受けることができました。

     

     驚いたのは翌朝です。なんとあの激しい痛みは嘘のように消え去って、体中がフルに稼動するではありませんか。今もそのときの「わぉ…!」という気持ちをよく覚えています。

     

     その奥深い効果に、私はボーエンセラピーを知らずにいられない思いにかられました。そしてすぐさま彼にどこでこのテクニックを学べるのかを尋ね、翌年から始まるというコースで早速トレーニングをスタートさせたのです。

    体験セミナーに参加をお考えの皆さんへ

     

     今回の1DAY体験セミナーは、高齢者介護に焦点を当てた構成になっています。高齢者の多くは日常生活での動作に不自由を感じています。実はそれらの多くは、比較的シンプルな方法で解決することができるのです。

     基本のボーエンセラピーを中心に他のテクニックを組み合わせ、早く確実な結果を出せる方法をお教えします。高齢者の体の動きをよくしたり、痛みを癒すことで、日々の生活を楽にしてあげることが可能です。

     ベーシックだからといってあなどれない効果を発揮するのがボーエンテクニックです。からだ全体、そして心と感情のレベルにまでしっかりと作用し、結果的には全身を健康へと導く方向につながります。

     また、転倒の原因となるバランスの悪さや、膝の痛み、腕や手のしびれなどを解消できる、大変実用的な施術も取り入れています。

     ボーエンセラピーは、体が自ら癒すことができるようバランスを調整する施術です。そのためには具体的なポイントへ、正確な動きでアプローチすることが求められます。 施術はとてもやさしい圧で行い、動きと動きの間に時間を置きます。その待ち時間は、体が効果を最大限に受け止めるためのプロセスになります。

     さあ、私たちと一緒にこのユニークな学びの旅に参加しませんか。そして習得したテクニックを持ち帰って、あなたの大切な人に、より質の高い生活を提供してあげてください。

     

    グレッグ・ローレンス

    レイキのワークショップでデモを行う

    若き日のグレッグ

×
プライバシーポリシー
WizJP AUSTRALIA(以下,「当社」といいます。)は,本ウェブサイト上で提供するサービス(以下,「本サービス」といいます。)における,ユーザーの個人情報の取扱いについて,以下のとおりプライバシーポリシー(以下,「本ポリシー」といいます。)を定めます。

第1条(個人情報)
「個人情報」とは,個人情報保護法にいう「個人情報」を指すものとし,生存する個人に関する情報であって,当該情報に含まれる氏名,生年月日,住所,電話番号,連絡先その他の記述等により特定の個人を識別できる情報及び容貌,指紋,声紋にかかるデータ,及び健康保険証の保険者番号などの当該情報単体から特定の個人を識別できる情報(個人識別情報)を指します。
第2条(個人情報の収集方法)
当社は,ユーザーが当社の企画する「ナチュラルヒーリングタッチプロジェクト第1回実践ボーエンセラピー5日間集中コース(以下、「本コース」といいます。)」の受講申し込みをする際に氏名,生年月日,住所,電話番号,メールアドレス,銀行口座番号,クレジットカード番号,運転免許証番号などの個人情報をお尋ねすることがあります。
第3条(個人情報を収集・利用する目的)
当社が個人情報を収集・利用する目的は,以下のとおりです。
当社サービスの提供・運営のため
ユーザーからのお問い合わせに回答するため(本人確認を行うことを含む)
ユーザーが本コースにおけるサービスの更新情報,今後のキャンペーン等及び当社が提供する他のサービスの案内のメールを送付するため
メンテナンス,重要なお知らせなど必要に応じたご連絡のため
利用規約に違反したユーザーや,不正・不当な目的でサービスを利用しようとするユーザーの特定をし,ご利用をお断りするため
ユーザーにご自身の登録情報の閲覧や変更,削除,ご利用状況・履歴の照会を行っていただくため
本コースの受講にあたり,ユーザーに利用料金を請求するため
上記の利用目的に付随する目的
第4条(利用目的の変更)
当社は,利用目的が変更前と関連性を有すると合理的に認められる場合に限り,個人情報の利用目的を変更するものとします。
利用目的の変更を行った場合には,変更後の目的について,当社所定の方法により,ユーザーに通知し,または本ウェブサイトならびに当社の運営するフェイスブックページ上に公表するものとします。
第5条(個人情報の第三者提供)
当社は,次に掲げる場合を除いて,あらかじめユーザーの同意を得ることなく,第三者に個人情報を提供することはありません。ただし,個人情報保護法その他の法令で認められる場合を除きます。
人の生命,身体または財産の保護のために必要がある場合であって,本人の同意を得ることが困難であるとき
公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって,本人の同意を得ることが困難であるとき
国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって,本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
予め次の事項を告知あるいは公表し,かつ当社が個人情報保護委員会に届出をしたとき
利用目的に第三者への提供を含むこと
第三者に提供されるデータの項目
第三者への提供の手段または方法
本人の求めに応じて個人情報の第三者への提供を停止すること
本人の求めを受け付ける方法
前項の定めにかかわらず,次に掲げる場合には,当該情報の提供先は第三者に該当しないものとします。
当社が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合
合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって,その旨並びに共同して利用される個人情報の項目,共同して利用する者の範囲,利用する者の利用目的および当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称について,あらかじめ本人に通知し,または本人が容易に知り得る状態に置いた場合
第6条(個人情報の開示)
当社は,本人から個人情報の開示を求められたときは,本人に対し,遅滞なくこれを開示します。ただし,開示することにより次のいずれかに該当する場合は,その全部または一部を開示しないこともあり,開示しない決定をした場合には,その旨を遅滞なく通知します。
本人または第三者の生命,身体,財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
その他法令に違反することとなる場合
前項の定めにかかわらず,履歴情報および特性情報などの個人情報以外の情報については,原則として開示いたしません。
第7条(個人情報の訂正および削除)
ユーザーは,当社の保有する自己の個人情報が誤った情報である場合には,当社が定める手続きにより,当社に対して個人情報の訂正,追加または削除(以下,「訂正等」といいます。)を請求することができます。
当社は,ユーザーから前項の請求を受けてその請求に応じる必要があると判断した場合には,遅滞なく,当該個人情報の訂正等を行うものとします。
当社は,前項の規定に基づき訂正等を行った場合,または訂正等を行わない旨の決定をしたときは遅滞なく,これをユーザーに通知します。
第8条(個人情報の利用停止等)
当社は,本人から,個人情報が,利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由,または不正の手段により取得されたものであるという理由により,その利用の停止または消去(以下,「利用停止等」といいます。)を求められた場合には,遅滞なく必要な調査を行います。
前項の調査結果に基づき,その請求に応じる必要があると判断した場合には,遅滞なく,当該個人情報の利用停止等を行います。
当社は,前項の規定に基づき利用停止等を行った場合,または利用停止等を行わない旨の決定をしたときは,遅滞なく,これをユーザーに通知します。
前2項にかかわらず,利用停止等に多額の費用を有する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって,ユーザーの権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は,この代替策を講じるものとします。
第9条(プライバシーポリシーの変更)
本ポリシーの内容は,法令その他本ポリシーに別段の定めのある事項を除いて,ユーザーに通知することなく,変更することができるものとします。
当社が別途定める場合を除いて,変更後のプライバシーポリシーは,本ウェブサイトに掲載したときから効力を生じるものとします。
第10条(お問い合わせ窓口)
本ポリシーに関するお問い合わせは,下記までお願いいたします。

住所:93 Diggers Dr. Tanilba Bay NSW 2319 Australia
社名:WizJP AUSTRALIA
担当:Miyuki Paterson
Eメールアドレス:info@wizjpaustralia.com

以上